arrow-top arrow cart-a cart-b email facebook instagram search share-facebook share-line share-twitter twitter

遺言 対談と往復書簡

東日本大震災後、自らの仕事の根本が揺らぐように感じた染織家・志村ふくみが、長年交流のあった作家・石牟礼道子へ手紙を送って始まった往復書簡。折しも、石牟礼は生涯最後の作品として新作能を構想しているところだった。
作家と染織家が新しいよみがえりを祈って紡いだ次世代へのメッセージ。
往復書簡と二度の対談、遺作となった「沖宮」を収録。志村ふくみによる能衣裳をカラーで掲載。



出版社:ちくま文庫
発売日:2018/9/11
サイズ:148×106×12mm

1,026円

  • 数量

こちらの商品は、店頭でもお出ししているため売り切れの場合もございます。その際はご連絡させていただきますので、予めご了承ください。