arrow-top arrow cart-a cart-b email facebook instagram search share-facebook share-line share-twitter

秋桜(あきざくら)


古来から親しまれてきた桜ですが、江戸時代には400種類もあったそうです。

この着物は色々な種類の桜で染めた糸でふんわりとぼかし上げられ、
ところどころに織り込んだつなぎ糸が霧のようにも見えます。

桜で染めた帯締めと帯揚げで桜づくしの装いはいかがでしょう。



【染料】
染料:桜、冬青、紫根

購入のご案内

アトリエシムラのお着物は、オンラインショップでは販売いたしておりません。それは、お客様に世界に一点しかないお着物を、実際にその目で見て、纏って、出会っていただきたいからです。アトリエシムラのお着物に合わせて、帯揚げ、帯締め、セレクトの帯などもご用意しております。お着物が初めての方もお気軽にご相談ください。